20代の社会人におすすめのギフト

20代になるとほとんどの人が社会人になり、自由に使えるお金が多くなってくる。そんな社会人に向けたプレゼントは、悩ましい。学生のころのように安すぎず、かといって高価すぎないちょうどいいプレゼントを選ぶ必要があるからだ。

今回は、そんな駆け出しの社会人の人に向けて、どんなギフトが喜ばれるかをまとめてみた。もしこれから友人や恋人、先輩や後輩などにギフトを贈る機会があれば、参考にしていただきたい。

jeremy-cai-66278-unsplash.jpg

1.種類があり、使えば使うほど味が出てくる革製品

20代の社会人は、自由に使えるお金が出てきたといっても、そこまで高価なものには手がでない。いきなりブランドもののバッグなどをプレゼントするというのは、お互いに非現実的だろう。

そこでおすすめなのが「革製品」である。

革製品は使い込むほど色味が変わり、味わいがでてくるという特徴がある。長く大事に使うほど、その人にしか出せない色合いになるという意味で、まだ年若い20代のプレゼントとしておすすめである。

また、革製品には、財布や名刺入れ、キーケースなどバリエーションがある。贈る相手に合わせ、バリエーションに富んだチョイスをすることが可能だ。

他にも、革製品は本格的な手触りと使いやすさがある。この本格的な感触が「学生時代と違う自分」を演出することができるだろう。

JOGGOレディース三つ折り財布    参考リンク:  http://bit.ly/2XsC3U7

JOGGOレディース三つ折り財布

参考リンク:http://bit.ly/2XsC3U7

GANZO GUD2 (ジーユーディー2)ZIPパース  参考リンク: http://bit.ly/2Xvy4q4

GANZO GUD2 (ジーユーディー2)ZIPパース

参考リンク:http://bit.ly/2Xvy4q4

2.万年筆など、高級な文房具

デジタルネイティブと呼ばれる世代が増えてきた。プライベートの趣味やヒマつぶし、仕事のスケジュール管理やちょっとしたメモも、すべてスマホで済ませてしまう。

だからこそ、文房具にはこだわっていないという人は多いのではないだろうか。「書ければなんでもいい」と、こだわりのない文房具を使い続けている。またそんな世代だからこそ、自分で高価な文房を買うのは少し抵抗がある。

高級な文房具は他人がプレゼントとして「非現実」を演出するには最適である。

しっかりした万年筆であれば、一生ものであるし、家に置いておきたいという場合でも、ちょっとしたアンティークとして机を彩る。

「書ければなんでもいい」という学生時代と差をつけるために、「ちょっと高価な万年筆やボールペン」はありなのではないだろうか。

ChillChill(チールチール)ポケット万年筆   ■参考リンク: http://bit.ly/2Xu7EVx

ChillChill(チールチール)ポケット万年筆

■参考リンク:http://bit.ly/2Xu7EVx

SHIKIORI[四季織]雪月空葉 万年筆   ■参考リンク: http://bit.ly/2XvJw4J

SHIKIORI[四季織]雪月空葉 万年筆

■参考リンク:http://bit.ly/2XvJw4J

まとめ

社会人になると自由に使えるお金が増え、学生のころよりも自分の欲しいものを自分で買うことができるようになる。

せっかくギフトをするのであれば、相手に喜んで欲しいと思うのが人情だろう。

20代はまだ社会人としても人間としてもまだ発展途上なので、華美なブランドなどよりは、持ち主とともに味わい深くなっていくギフトがいいのではないだろうか?

また、ビジネスに関したギフトであれば公私の区別なく使うことができて喜ばれるだろう。

20代の社会人に向けて、よりよいギフトを選び、お互いによりよい関係を築いていこう。

elevate-755079-unsplash (1).jpg

RN:こおろぎ トモ